生活習慣病

スポーツ障害


~ 健康な身体で充実した毎日を ~


 野球による投球障害(肘、肩)、テニスによるテニス肘(外側上顆炎)、ゴルフによるゴルフ肘(内側上顆炎)、ランニングによる腸脛靭帯炎、アキレス腱炎、反復する足関節捻挫など、様々なスポーツ障害があります。多くの場合は慢性的なストレスがかかり続けることで生じており、再発予防やスポーツパフォーマンス改善のためにアスレチックリハビリ、適切なトレーニングが必要となります。

 一般的な運動療法としては、慢性的なストレスが生じている部位に対してのストレッチ、トレーニングなどがあります。

1. 投球障害肩に対してのストレッチ

1.投球障害肩に対してのストレッチ

2. 腸脛靭帯炎に対してのストレッチ

2.腸脛靭帯炎に対してのストレッチ

3. アキレス腱炎に対してのストレッチ

3. アキレス腱炎に対してのストレッチ
3. アキレス腱炎に対してのストレッチ

4. 足関節捻挫予防のトレーニング (腓骨筋)

4. 足関節捻挫予防のトレーニング (腓骨筋)